ss146_web_HOME-22.jpg

約1ヶ月間新木場がアートの街に?!
ss146が新木場&夢の島わくわくおさんぽアートフェスに参加!

Oct 13, 2022 | EVENTS

わくわくおさんぽアートフェス0826_page-0001.jpg

無駄のない資源活用とエネルギーの再利用を掲げ循環する2つの街、新木場と夢の島が手を取り合い、新たなアートフェスが誕生しました!

木材加工の過程で出た端材を活かした作品展や、新進気鋭のアート作家たちによる広い敷地を活かした野外彫刻、大人や子供も楽しんでいただける8つの展示エリアが街を賑わいます。

マップを片手に散策すると、新木場&夢の島の新たな魅力に出会えるはず!

アート作品展示場所 ▶︎ 夢の島熱帯植物館、夢の島公園、東京夢の島マリーナ
           江東区夢の島競技場、新江東清掃工場、 

           木材・合板博物館、木材会館、soko station 146

無駄のない資源活用とエネルギーの再利用を掲げ循環する2つの街、新木場と夢の島が手を取り合い、新たなアートフェスが誕生しました!

木材加工の過程で出た端材を活かした作品展や、新進気鋭のアート作家たちによる広い敷地を活かした野外彫刻、大人や子供も楽しんでいただける8つの展示エリアが街を賑わいます。

マップを片手に散策すると、新木場&夢の島の新たな魅力に出会えるはず!

アート作品展示場所 ▶︎ 夢の島熱帯植物館、夢の島公園、東京夢の島マリーナ
           江東区夢の島競技場、新江東清掃工場、 

           木材・合板博物館、木材会館、soko station 146

展示されるアート作品に関して

soko station 146に展示されるアート作品に関して

高田マル 展示告知画像.jpg

【展示情報】

高田マル展示

「祈りの言葉は今日も同じかたちをしている」

 

会期:10月18日(火) - 11月20日(日) ※月休 11:30-18:00

会場:soko station 146 (東京都江東区新木場1-4-6、新木場駅徒歩5分)

料金:無料

主催:新木場&夢の島わくわくおさんぽアートフェス実行委員会

会場音楽:濱地潤一+福島諭

※会場にはカフェが併設されていますが、展示鑑賞のみの入場も可能です。

忘れられない絵の話 告知画像.jpg

作家プロフィール

高田マル Takada mal

画家。1987年、神奈川県生まれ。絵画作品の制作、展覧会の実行、会話、文字化、書籍の制作などを通して、人間にとって絵を描くとはどういうことなのか考えている。

作家プロフィール

高田マル Takada mal

画家。1987年、神奈川県生まれ。絵画作品の制作、展覧会の実行、会話、文字化、書籍の制作などを通して、人間にとって絵を描くとはどういうことなのか考えている。

 

日本女子大学文学部史学科宗教学専攻修了。美學校にて複数の講座を受講。京都市立芸術大学大学院美術研究科油画専攻在籍。2016年より「絵画検討会」呼びかけ人。2017年にART DIVERより『絵画検討会2016 記録と考察、はじめの発言』を刊行。2020年に一人出版社「絵画検討社」発足。編著『21世紀の画家、遺言の初期衝動 絵画検討会2018』『忘れられない絵の話 絵画検討会2020-2021』を刊行。

【イベント情報】

「忘れられない絵の話」画家の高田マルが1日限定であなたの忘れられない絵の話をお聞きします。

日時:11月20日(日) 11:30-18:00

会場:soko station 146 (東京都江東区新木場1-4-6、新木場駅徒歩5分)

料金:無料

 

コメント

「あなたには『忘れられない絵』がありますか? もし今、思い浮かんだ絵があったなら、ぜひその話を教えてください。その絵は、誰もが知る名画でも、道端の落書きでも、ネット上で見たなにかでも、とにかくなんでも構いません。私がひとり、こっそりお聞きします。(高田マル)」

■ アート展示期間中に開催されるフォトロゲイニング(現在エントリー期間終了)

web_KYF001.png

※フォトロゲイニングは「地図をもとに、時間内にチェックポイントの得点を集めるスポーツ」です。チームで作戦を立て、見本と同じ写真を撮れば得点獲得!地図の数字がそのまま得点となり、合計点の高いチームが上位です

本企画は、新木場・夢の島エリアに点在するアート作品をおさんぽしながら鑑賞する「新木場&夢の島わくわくおさんぽアートフェス」(10/18~11/20)の開催と合わせて企画されました!
あちこちに展示されたアート作品も、ぜひご一緒にお楽しみください。貯木場として名高い新木場と、かつては「ゴミの島」と呼ばれた夢の島の特徴的な景色を、楽しみながら感じて頂ければ幸いです。

【 soko station 146にカフェ営業に関して 】
※アートフェス期間中も通常通り営業いたします。
※定休日や臨時休業も発生する場合がございますので
ご来店前にsoko station 146のInstagramを随時ご確認ください▼
@soko_station_146 
   ⇦ CLICK

またご不明点ございましたらお電話くださいませ。

TEL : 0364570084