top of page
HARE GINZA カレー

変わらず
​変わり続ける。

HARE.png

2021年、HARE GINZAは新たにスタート。

引き継ぐのは、お客様の思い。

それは、HARE GINZAのカレーに出会った時の感動。

​HARE GINZAのカレーを今後も食べ続けたいという願い。

Journey

HARE GINZAの始まり

 1991年、初代オーナーである橋本さんによりオープン。一日限定15食でカレーを提供する、HARE GINZAとして走り出した。当初は予算もなく看板やメニューも手作り。「今日が一番美味しい」をテーマにカレーを作り続けた。その後、HARE GINZAは葛西へと拠点を移したのちに、2代目オーナーである河野さんへと引き継がれた。現在は冷凍カレーのみの販売となったが、当時と変わらない製法で1食1食丁寧にパッキングしている。

今日が1番美味しいをテーマに.jpeg

Curry

​おいしさへの飽くなき探求

 カレーのベースはタイカレー。しかし、使用する素材はタイ、和食、中華など様々。あらゆる素材の中から、そのカレーにとって1番良いものを選ぶ。オーナーのこだわりはそれだけではない。もう1つのこだわり、それは急速冷凍。完成したカレーを-40度で急速に冷凍することによって、作りたての味をそのままに、お客様の元へとお届けする。全ては30年間ずっと変わらないおいしさを提供するため。食べた人を幸せにする、HARE GINZAのカレーの秘密。 

IMG_5042のコピー_edited.jpg

Wish

​食べてもらうからには
「特別」を

 今や通販かsoko station146でしか食べることのできないHARE GINZAのカレー。そうして食べてもらうからには、「特別なカレー」でありたい。以前からHARE GINZAを愛する方にとっては「あの時食べた思い出の味」。初めて食べる方にとっては「想像を超えて思い出に残る味」

銀座で愛され続けたHARE GINZAのカレーを守り、さらに多くの人に愛してもらうために、今日も「特別なカレー」を作り続けている。

HAREカレー煮込み中.jpg

Owner

2代目オーナー
河野浩正さん

 福島県郡山市生まれ。父はホテルに勤める和食料理人。大学時代、東京に遊びに訪れた際、原宿のあるカレー屋に出会う。衝撃だった。味、接客、雰囲気どれをとっても、最高の質。そのカレー屋に憧れを抱き一念発起、カレーの世界へ。HARE GINZAで約25年もの間先代の右腕となり厨房に立ち続ける。料理の研究を欠かすことなく、時には麻布に住み、一流店の料理を口にする日々を繰り返した。その後先代からHARE GINZAを引継ぎ、今に至る。 

河野さん.jpg

HARE GINZAのカレーを

​ご自宅でも楽しみたい方はこちら

▼こちらからHARE GINZA宛のコメントを投稿できます。

 感想やメッセージなど、ぜひご投稿ください。

▼こちらからHARE GINZA宛のコメントを投稿できます。感想やメッセージなど、ぜひご投稿ください。

コメント (1)

Invité
25 févr.

カレーとても美味しかったです!

いいね!
bottom of page